Topics & News

世界のダートコース (21/1/20)

今朝は大井競馬場のダートコースをご紹介させて頂きましたが、
中央競馬と地方競馬、地方でも地区によって馬場状態に違いがあります。
そして、世界に目を向けると更に違いは顕著になってきます。
本日は過去の海外遠征時に撮り貯めた各国の
ダートコースをほんの少しですが、ご紹介したいと思います。

まずは毎年、多くの日本馬が遠征しているドバイ・メイダン競馬場。
勝利を収めることはできませんでしたが、クラブ所属馬では
エピファネイアやエピカリスがこのダートコースを走っています。
雨や散水の状況次第でしょうが、日本の砂より少し粘り気がある印象です。



そして、クリソライトが第1回コリアCを優勝した際の
遠征時に撮影した韓国・ソウル競馬場。
砂とは少し異なるかもしれませんが完全な土ではありません。


残念ながら出走は叶いませんでしたが、エピカリスがベルモントSへ
遠征した際に撮影した米国・ベルモントパーク競馬場。
どの国のダートとも異なる土でした。

最後はベルモントパーク競馬場の歴史あるスタンド。
そして、パドックの真ん中にある名馬セクレタリアトの銅像が
出走を控える馬たちを常に見守っています。


現在は新型コロナウイルスの影響で愛馬が遠征した際の観戦ツアーは
もちろん、海外旅行自体ができない状況が続いております。
再び世界各国を自由に行き来できるようになって、
皆様の愛馬を現地で応援できる日が早く来てほしいものです。

戻る