優勝賞品の提供

クラブ所属馬が獲得した優勝賞品は、受賞馬の出資会員のうち希望者1名様に購入していただき、その売却代金は、出資会員に出資口数に応じて分配いたします。

対象となる優勝賞品は日本国内の競走で得た10万円を超える純金メダル、金製品などいわゆる主催者賞品となり、海外競馬で優勝した際の賞品・寄贈賞品(カップ・レイ等)など、および日本国内で優勝した際の10万円以下の比較的安価な純金メダル、優勝馬のレイ、冠スポンサーからの寄贈賞品、参加賞、盾、賞状および優勝DVDなどは除かれます。

なお、重賞競走のカップ等について、生産者等から記念品として買い取りの申し出があった場合は、優先して売却させていただき、売却代金は出資会員に分配いたします。また、地方交流重賞ではJRA賞品(金製品)が交付されます。


引退時のネットオークションの活用
クラブ所属馬の引退・運用終了に際して、これを売却するケースがありますが、その売却方法としてネットオークションの活用もその選択肢となります。このネットオークションによる売却は、引退馬を楽天競馬サイトの「サラブレッドオークション」(主催者:サラブレッドオークション事務局)に上場することによって実施いたします。引退馬がこのネットオークションで落札された場合、売却代金から売却申込料・売却手数料・銀行振込手数料・クラブ法人の営業者報酬(500万円を超える金額で売却できた場合に該当)を差し引いた残額から消費税を控除した金額が、出資会員様への運用終了(引退)精算分配の対象となります。なお、ネットオークションを用いず競走馬として売却する場合、有償無償にて種牡馬もしくは乗馬に転用する場合など、ネットオークションの対象外とする場合がありますので、予めご了承ください。
※ 牝馬につきましては、原則的に提供牧場が募集価格の10%相当額で買戻したあと、繁殖の用に供さない等の理由でこのオークションに上場することがあります(分配対象とはなりません)。

競走馬・種牡馬売却等における営業者報酬(クラブ法人・愛馬会法人の手数料)について会員規約を改定します
(2018年度募集馬より適用)

これまでの売却による営業者報酬は種牡馬として売却する場合の40%でしたが、新たに競走馬として売却する場合(サラブレッドオークションによる売却を含む)においても、営業者報酬の対象といたします。500万円を超える売買純利益を得る場合、累進計算による算定表に従って、金額に応じ段階的に10%から40%の手数料に設定しました。詳細につきましては、別冊『出資と分配の方法および会員規約』の9〜10ページに案内がございます。会員規約【14.(2)】とあわせてよくお読みください。