賞金・見舞金・競走馬保険

賞金・手当体系は日本中央競馬会の規定を要約、抜粋した原則的なものです。

1.本賞金

第1着馬〜第5着馬に対し交付されます。詳細は競馬番組記載の本賞金をご参照ください。

2.出走奨励金

第6着馬〜第8着馬(重賞競走は第6着馬〜第10着馬)に交付されます。

着順 出走奨励金(第1着本賞金に対する割合)
第6着 第7着 第8着 第9着 第10着
重賞競走 8% 7% 6% 3% 2%
その他の競走 8% 7% 6% - -

ただし、第1着馬の走破タイムより【表@】の秒数を超えてゴールした場合等は原則的に交付されません。

【表@】
距離 右欄に掲げる
競走以外の競走
平地の新馬
及び未勝利競走
芝の競走 ダートの競走 芝の競走 ダートの競走
平地競走
(オープン競走を除く)
1,400m未満 3秒 4秒 3秒 4秒
1,400m以上
2,000m未満
4秒 5秒
2,000m以上 5秒 6秒 4秒 5秒
障害競走
(特別競走を除く)
8秒 10秒

3.距離別出走奨励賞

距離1,800m以上の芝の平地で行われる以下の競走の第1着〜第10着馬に対し交付されます。ただし、2歳・3歳馬限定競走では交付されません。
第1着。
競走 1,800m 2,000m 2,000m超
3 (4) 歳以上 重賞競走以外のオープン競走 120万円 240万円 360万円
1,600万円以下競走
1,000万円以下競走
500万円以下競走
(特別競走に限る)
60万円 120万円 180万円
第2〜10着は上記の金額に下表の比率を乗じて得た金額を交付。
第2着 第3着 第4着 第5着 第6着 第7着 第8着 第9着 第10着
40% 25% 15% 10% 8% 7% 6% 3% 2%

4.内国産馬奨励賞

日本国内で生まれた競走馬が以下に定める平地競走に出走し、第1着〜第5着になった際に交付されます。
競走 第1着 第2着 第3着 第4着 第5着
GI・JpnI競走 300万円 120万円 75万円 45万円 30万円
その他の重賞競走 150万円 60万円 38万円 23万円 15万円
重賞競走以外のオープン競走 120万円 48万円 30万円 18万円 12万円
1,600万円以下競走 90万円 36万円 23万円 14万円 9万円
1,000万円以下競走 70万円 28万円 18万円 11万円 7万円
500万円以下競走 50万円 20万円 13万円 8万円 5万円
新馬競走 2歳 150万円 60万円 38万円 23万円 15万円
3歳 110万円 44万円 28万円 17万円 11万円
未勝利競走 2歳 120万円 48万円 30万円 18万円 12万円
3歳 春季競馬 90万円 36万円 23万円 14万円 9万円
夏季競馬 50万円 20万円 13万円 8万円 5万円
秋季競馬 30万円 12万円 8万円 5万円 3万円

5.内国産牝馬奨励賞

牝馬限定戦ではない新馬競走、および平地未勝利競走の出走馬が内国産牝馬の場合は、以下のとおり内国産牝馬奨励賞が交付されます。
競走 第1着 第2着 第3着 第4着 第5着
2歳 新馬競走 120万円 48万円 30万円 18万円 12万円
未勝利競走 70万円 28万円 18万円 11万円 7万円
3歳 新馬競走 60万円 24万円 15万円 9万円 6万円
未勝利競走(春季競馬において行う競走に限る) 30万円 12万円 8万円 5万円 3万円

6.特別出走奨励金

古馬G1、および芝1,800m以上の古馬G2競走に出走した11着以下の馬に対し交付されます。
ただし、1000万円以下とそれ以下の条件馬が格上挑戦した場合は交付されません。
格付 競走 該当する競走条件 第11着以下
G1
競走
大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念 オープン馬 200万円
フェブラリーステークス、高松宮記念、ヴィクトリアマイル、安田記念、スプリンターズステークス、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、チャンピオンズカップ 150万円
G2
競走
日経新春杯、アメリカジョッキークラブC、京都記念、中山記念、金鯱賞、阪神大賞典、日経賞、目黒記念、札幌記念、オールカマー、毎日王冠、京都大賞典、府中牝馬S、アルゼンチン共和国杯、ステイヤーズS オープン馬 100万円
1,600万円以下条件馬 50万円
※ 最下位かつ第1着とのタイム差が距離1,800m以上2,000m未満は4秒、2,000m以上は5秒を超えた場合は交付されません。

7.付加賞

特別競走登録料はその総額を7:2:1の割合で按分されたものが、第1着馬、第2着馬、第3着馬に交付されます。

8.特別出走手当

1回の出走につき、下表のとおり交付されます。
重賞競走 431,000円
重賞競走以外の特別競走 422,000円
一般競走 1勝以上の競走 418,000円
新馬・未勝利の競走 407,000円
(1)以下の条件に該当する競走の出走馬に対しては、以下に定める金額を上表の金額に加算のうえ交付されます。
  • 3(4)歳以上(芝1,800m以上)の平地競走:5万円
  • 障害競走:1万円
  • 2歳の新馬競走および未勝利競走:2万円
(2)平地競走(競馬番組で特に定めた競走を除く)に出走した平地の収得金額が500万円以下の6歳以上馬([地]以外の平地の収得賞金が200万円未満の馬を除く)に対しては、上表および前項(1)の合計金額から12万円を減額のうえ交付されます。
(3)以下のいずれかに該当する場合は、上表の金額((1)(2)に該当し、増減額となる場合は増減額後の金額)の半額が交付されます。
  • [地]
  • 平地競走に出走した平地の収得賞金200万円未満の5歳以上馬
  • 第4回東京競馬、第4回京都競馬、第3回新潟競馬、第3回福島競馬、第4回中京競馬の平地競走に出走した3歳未出走・未勝利馬
(4)9着以下で第1着馬の走破タイムより前出【表@】の秒数を超えてゴールした馬に対しては、上表の金額((1)(2)(3)に該当し、増減額・半額となる場合は、増減額・半額後の金額)の半額が交付されます(平地のオープン競走、障害の特別競走および競馬番組で特に定めた競走を除く)。
(5)以下の条件に該当する出走馬に対しては不交付となります。
  • 平地競走に出走した4歳以上の未出走・未勝利馬
  • 失格馬
  • [外]



9.褒賞金

指定された競走およびシリーズに優勝した際に交付されます。
交付対象馬 褒賞金額
皐月賞、東京優駿、菊花賞のすべての競走に優勝した内国産馬 1億円
同一年度に大阪杯、天皇賞(春)、宝塚記念のすべての競走に優勝した馬 内国産馬 2億円
 (外)  1億円
同一年度に天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念のすべての競走に優勝した馬
競走 第1着 第2着 第3着
チャンピオンズカップ 4,000万円 1,600万円 800万円
前年度のチャンピオンズカップ施行日以降、当該年度の同競走施行日前日までに日本国内で施行されるダートのG1競走(日本グレード格付け管理委員会で格付けされたJpn1競走を含む。)で優勝した馬が、チャンピオンズカップ競走において第3着までに入着したときに、褒賞金が交付されます。
シリーズ 褒賞金額
サマースプリントシリーズ、サマー2000シリーズ 3,200万円
サマーマイルシリーズ 2,400万円


10.地方交流競走での賞金

公営競馬主催の地方交流競走に出走した際の第1着本賞金は、中央未勝利クラスで350万円、中央500万円以下クラスで550万円、中央1000万円以下クラスで700万円となります(主催者規定の賞金とJRAからの差額補助金)。

なお、特別出走手当の交付額、交付基準については中央の競走に準じるものとします。
また、ダートグレード競走に出走した場合、JRAからの差額補助金等の交付はなく、主催者規定の賞金と手当のみとなります。

競走 第1着 第2着 第3着 第4着 第5着
1,000万円以下の交流競走
700万円
280万円
180万円
110万円
70万円
500万円以下の交流競走
550万円
220万円
140万円
83万円
55万円
未勝利クラスの交流競走
350万円
140万円
88万円
53万円
35万円

11.事故見舞金

JRAの施設内(トレセン、競馬場、JRA管轄下の輸送中等)で起こった事故が元で、3ヶ月以上休養する場合は事故見舞金が支給されます。ただし、状況によっては減額、または一部返還、支給を受けられない場合があります。
番号 事故の種類 見舞金の額
1 競走中の事故により死亡し、又は死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,150,000円
2 調教中又は輸送中の事故により死亡し、又は死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,000,000円
3 競走中の事故により競走の用に供することができなくなった場合 5,750,000円
4 調教中又は輸送中の事故により競走の用に供することができなくなった場合 5,700,000円
5 競走中の事故により事故発生の日から1年以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,700,000円
6 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から1年以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,650,000円
7 競走中の事故により事故発生の日から9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,350,000円
8 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,300,000円
9 競走中の事故により事故発生の日から6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,900,000円
10 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,850,000円
11 競走中の事故により事故発生の日から3ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,250,000円
12 調教中又は輸送中の事故により事故発生の日から3ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,200,000円
13 競馬会の施設内において、疾病、負傷、天災地変、火災、暴動等により死亡した場合、又はそれにより死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 5,850,000円
14 13号へ統合 -
15 13号へ統合 -
16 競馬会の施設内において発生した四肢その他の故障により中央競馬の競走馬として不適当と認められ、競走馬登録を抹消する場合(前各号に該当する場合を除く) 2006年10月31日をもって原則終了となったため、本年度募集馬が適用を受けることはありません。
17 競馬会の施設内において発生した腱炎(屈腱炎を除く)、関節炎、蹄病、骨瘤、骨膜炎、眼病、鼻出血、心房細動、肺炎、胸膜炎、フレグモーネ、肩ハ行及び寛ハ行により、ひき続き6ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなかった場合 1,500,000円
(未出走馬には支給しない)
18 競馬会の施設内において発生した屈腱炎により9ヶ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,950,000円
注)3号から12号までの事故とは、骨折、脱臼、外傷又は腱断裂をいう。

12. 競走馬登録抹消給付金・同付加金

JRAの競走馬登録を抹消する際に以下の金額が支給されます。支給金額は抹消時期、出走歴によって異なります。
※タイムオーバーとなった競走の場合も「出走」とみなされます。

付加金




2歳 3歳 4歳 5歳 6歳以上
春季競馬以前 夏季競馬以降 春季競馬以前 夏季競馬以降
100万円 60万円 85万円 45万円 30万円
5走以上 105万円 205万円 165万円 190万円 150万円 135万円
3〜4走 85万円 185万円 145万円 170万円 130万円 115万円
1〜2走 65万円 165万円 125万円 150万円 110万円 95万円
未出走 30万円 130万円 90万円 115万円 75万円 60万円

13.競走馬保険

●競走馬保険の補償内容
[死亡保険金]
@ 競走馬の死亡(傷病を起因とする死亡または指定獣医師の認定に基づく安楽死措置)
→保険加入額の100%給付
[見舞金給付特約]
A未入厩馬が競走能力喪失と診断を受けた場合
(JRA馬主相互会からの事故見舞金[能力喪失に係る3号・4号の見舞金]交付要件に該当しない場合に適用)
→保険加入額の50%給付
B 出走馬・未出走馬(入厩済)に関わらず、競走能力喪失と診断を受けた場合
→保険加入額の20%給付
C 傷害又は疾病が原因となり競走に一度も出走できないこと(未出走)が確定した場合
→保険加入額の20%給付
D 「手術費用特約」傷病により全身麻酔を伴う所定の外科手術が実施された場合
→ 保険加入額の3%を限度として、手術当日に要した費用相当を給付
※JRA施設内で手術し、JRA馬主相互会から診療費補助金が給付される場合、診療費補助金相当額を差し引いた費用が特約の対象
E「屈腱炎見舞金特約」初めて屈腱炎と診断された場合
→50万円を限度として、保険加入額の5%を給付
※ 中央入厩馬だけではなく、地方入厩馬につきましても、上記@〜Eに準じて取り扱われます。
※ @ABCは重複して給付されることはありません。事故内容に応じていずれか1つが給付となります。

(1)保険加入時期
原則2歳1月1日とします。
2018年度1歳募集馬は2019年1月1日より保険加入の対象となります。
ただし、特別募集を行う際はその都度、保険加入時期を新たに設定するものとします。

(2)保険料出資金のお支払
保険加入の前年12月の時点で翌年度分の保険料相当額を通常の会費等と併せてご請求させていただきます。

(3)保険加入額と保険料率
2018年度1歳募集馬は競走馬出資金のお支払い方法(一括・分割・クラブポイント充当)に関わらず、保険加入額は1口の募集金額の100%とし、保険料(率)はその3%(予定)とします。ただし、募集価格によって保険加入額は変化し、原則として2歳馬は100%、3歳馬は70%、4歳以上馬は50%となります。
保険料の算出式は以下の通りです。

  (1口の募集価格)×(保険加入額)×(保険料率)

例えば1口40,000円の募集馬の場合は…
40,000円×100%×3%=1,200円となります。
* 一括払い(2%割引)特典やクラブポイントの充当により実際の出資額が40,000円に満たない場合でも上記計算式をもって保険料出資金を算定いたします。

(4)障害競走に出走する場合
当該出資馬が障害競走に出走する場合、レース当日(障害競走中に起因した事故により、レース翌日以降に保険金支払対象となる場合を含む)において死亡した場合には、当該出資馬の保険加入額に関わらず、保険給付限度額は200万円に変更となります。

(5)平地の重賞競走に勝利した場合
当該出資馬が2歳のGT・JpnT競走、もしくは3歳以上の馬齢においてGT〜GVの平地重賞競走(いずれも新設もしくは条件変更などの理由により本来のG格付けが付されなかった場合の重賞競走、国際セリ名簿基準委員会が定めるパートT国におけるG格付けの海外競走、及び地方競馬指定交流競走(G格付け及びJpn格に限る)を含むが、地方競馬におけるS格等のローカル重賞競走は除く)に優勝した場合には、当該時点以降は馬齢に関わりなく募集価格の100%を保険加入額とします。これに伴い発生した保険料の追徴分は月々の出資と分配(ご請求明細書)にてご案内の上、ご負担いただくことになります。

(6)その他
保険契約の詳細はクラブが保険会社と締結した約款によるものとします。
* 匿名組合契約であることから、死亡保険金、競走能力喪失見舞金等を含め、分配時に利益分配額が発生した場合、源泉所得税の対象となります。