Topics & News

Our Bloodの仲間入り!? (20/3/25)

春はいろいろな物語があります。
クラブライフを楽しんでいただいている皆様にとっても大事な季節と言っても過言ではないのではないでしょうか。
クラシックの晴れ舞台の季節でもあり、2歳の若駒たちのなかで順調に育成が進んだ馬たちが初入厩を迎えるかもしれない季節でもあります。
しかし、出会いもあれば別れもあります。
繁殖シーズンとあって、故郷に戻るために現役を引退する馬もいます。
別れは悲しいものですが、新しい生命を、宝を、そして夢をつないでいく立派な仕事に就くわけですから、この先、彼女たちが無事に、そして元気な仔たちを送り出してくれるよう願うばかりです。
今回は今年に入って繁殖にあがることになった関東のおかあさん候補生たちをご紹介します。

ラストランとなったレースのパドックで首をかしげながら歩くアンフィトリテ

キリリとした表情で調教を終えて帰っていくイルーシヴグレイス

牧場へ向かう前日、厩舎の馬房で落ち着いた顔をのぞかせてくれたリカビトス

スタッフさんとお喋りしながら厩舎をあとにしようとするエリティエール

引退後も天栄で休養していたアモーレミオ。体調が回復し3月19日に晴れて北海道へ移動しました!


戻る