Topics of Race Horses

仁川での雪辱を果たし、シンハライトが樫の女王に輝く! (16/5/23)

5月22日(日)東京競馬場にて、3歳牝馬クラシック第二弾・オークスが開催。
桜花賞では僅差のハナ差に泣いたシンハライトが、最後の直線で進路に苦しみながらも、ゴール前で鮮やかに2着馬をクビ差捕らえて優勝。見事、第77代オークス馬の称号を手に入れました。出資会員の皆様、誠におめでとうございました。
関東圏への初輸送、また当日の暑さも問題とせず、一番人気に見事応えてくれました。
馬は勿論のこと、厩舎関係ならびに牧場関係の皆様の多大なるご協力、ご尽力による賜物であり、厚く御礼申し上げます。
今後は無事に夏を過ごし、秋の大舞台での更なる飛躍に期待したいところです。

さて、先週の競馬ではシンハライト以外にも、アップクォーク、ケイブルグラム、サンマルティン、エルマンボ、グリューヴァイン、ピンクブーケのクラブ所属馬たちが勝利、土日で計7勝の固め勝ちを果たしました。初勝利、久々の復活Vなど、各馬にとって貴重な1勝となり、次走の走りにも是非ご注目ください。

東京競馬場での連続GT競走はまだまだ続きます。5月29日(日)は、いよいよ競馬の祭典・日本ダービーが行われます。
クラブ所属馬からリオンディーズ、プロフェット、アジュールローズが出走を予定しています。
一生に一度の3歳クラシック頂上決戦、そしてキャロットクラブ初のダービー制覇が大いに期待されます。
また、ダービーの余韻に浸る暇もなく、最終レースではGU・目黒記念も開催。こちらは女王マリアライト、連勝中のクリプトグラムが出走いたします。
先週の東京競馬場は真夏並の暑さの中で開催が行われましたが、今週もその暑さに負けないレースが目白押しです。当日は競馬場に足をお運びいただき、皆様、新たな歴史誕生の瞬間の目撃者となっていただきますよう、当日はご声援の程、宜しくお願いいたします。



戻る