Topics of Race Horses

連日の重賞制覇! (16/1/18)

先週末は連日の重賞制覇により、キャロットクラブが大いに脚光を浴びることになりました。
まずは、16日の愛知杯(中京11R・芝2000m)にバウンスシャッセが登場。約半年の休み明け、馬体重プラス22キロ、そしてトップハンデという決して楽ではない条件の中、ここでは役者が違うと言わんばかりの強烈な末脚を発揮して、見事に重賞3勝目を挙げました。

17日の京成杯(中山11R・芝2000m)ではプロフェットが優勝、2着ケルフロイデ、3着メートルダールとクラブ所属馬が重賞でワン・ツー・スリーを決めるというクラブ初の快挙を達成し、大変盛り上がりました。また、同日の京都競馬ではシンハライトが紅梅S(10R・芝1400m)で激しい追い比べを制して大きな1勝を勝ち取り、クラシックへ向けて幸先の良いスタートを切ることができました。
そして、古馬も負けじとクルーガーが初富士S(17日・中山9R・芝1800m)をきっちり制して見事にオープン入りを果たすなど、今後がさらに楽しみとなるレースを披露してくれました。

冷え込み厳しい季節ではありますが、そんな寒さを吹き飛ばすような熱い走りを見せてくれているキャロットクラブ所属馬へ、今週も温かいご声援をいただければ幸いです。



戻る