Topics of Race Horses

夏の終わりが近付いてきました (15/8/24)

お盆も過ぎ、本州の猛烈な暑さも少し和らいできたように感じています。
夏競馬もいよいよ終盤戦へ差し掛かり、続々と2歳のデビュー戦が行われる中、22日(土)新潟競馬ではケルフロイデが見事1番人気の期待に応え、優勝。秋に向けて好発進を決めてくれました。
また、夏競馬の代表格とも言える「札幌記念」が行われた23日(日)札幌競馬では、クレスクント・グースベリーの2頭が無事にデビューを迎えています。満足のいく着順には到達できませんでしたが、この時期に実戦を積むことができたことで、同世代の中では一歩リードできたことは確かです。この経験を活かして、次走では成長した姿を見せてくれることを期待したいところです。

さて、2歳募集馬出資の受付期間もあと僅か。皆様、今年の1歳馬募集の方に興味を惹かれてしまう時期ではあるかと思いますが、現在募集中の2歳馬も、この春から夏の時期にかけて良化の一途を辿っている様子が多々見受けられ、決して軽視はできない状態までステップアップを遂げてきていますので、是非ご注目ください。
そんな成長著しい2歳馬の中から、1頭ご紹介したいのが、募集番号bT「オーベルゲイド13」。本馬はここまで馬体・体調面に大きな問題点もなく、実に順調な調整過程を歩み、7月からは坂路コースでF15-15の走行等、負荷を高めた調教もコンスタントにこなしています。これも、遅生まれということからじっくり馬体の成長を促しつつ、あくまでもこの馬の成長ペースに合わせ“馬本位”の調教を施してきたことが実を結び、この春からの心身両面の目覚しい良化につながっていると言えるでしょう。
キングカメハメハ産駒は先週末の新馬戦で、クラブ所属馬ケルフロイデを含め2頭が勝利を収めており、本馬もその偉大なる父の血を受け継ぐ1頭。26日(水)に更新予定となっている近況情報や28日(金)に公開予定をしている最新動画等をご覧の上、最後のご検討をしていただければと思います。



戻る