Topics of Race Horses

ヴァーミリアン産駒の活躍 (15/1/13)

1月6日の名古屋競馬でピエリーナが後続を一気に突き放す危なげないレースぶりを披露し、見事2015年のキャロットクラブ初勝利を挙げてくれました。中央復帰まであと1勝となりましたが、ここ2戦の勝ちっぷりからして次走でもいいレースを見せてくれるのではないかと胸が高まります。冬の寒さ身にしみる折ではありますが、今週もホットなひと時を与えてくれる愛馬たちの活躍にどうぞご期待ください。
さて、中央競馬に目を向けると春のクラシックを目指して3歳重賞戦線が始まりましたが、12日に中山競馬場で行われましたフェアリーSではノットフォーマルが勝利し、この世代が初年度となる父ヴァーミリアンに初の重賞勝利をプレゼントしました。また、10日の京都競馬では3歳500万下(6R・ダ1200m)をフィールドスラッピが力強い末脚で快勝するなどヴァーミリアン産駒の活躍が目立ってきており、近親にあたる募集番号17番エカルラートの13に注目が集まってきています。調教では坂路コースでハロン16〜17秒のキャンターを行うなど順調に調整を進めておりますし、父のワークフォースがキングマンボ系で母系がサンデー系というのもノットフォーマルと共通するところもあり、今後の期待がますます高まることが予想されます。募集番号17番エカルラートの13はご出資可能の状況で皆様のご出資をお待ちしておりますので、クラブ公式PC版ホームページもしくはスマートフォン版ホームページにございます「募集馬の近況&動画」をご参照いただき出資ご検討をしていただければ幸いです。



戻る