Information

本年もよろしくお願いいたします (20/1/7)

日頃よりクラブ所属馬に多大なるご声援をお送りいただいておりますこと、大変ありがたく厚く感謝申し上げます。
2019年は、リスグラシューが国内でグランプリ春秋連覇、豪州で中距離チャンピオン決定戦コックスプレートを制覇、レシステンシアは後続に影を踏ませぬ快走を見せ阪神JFを勝利、サートゥルナーリアは皐月賞でクラシックホースに、クリソベリルは無傷の6連勝でダート王を決するチャンピオンズCを制し、メールドグラースは豪州コーフィールドCで念願の初タイトルを手中に収めました。中央・地方を合わせると重賞タイトルは25を数え、トータル156勝を挙げることができました。

2020年は最初の開催でサクセッション、サザンレインボーが勝利を挙げ、順調な滑り出しとなりました。
皆様、そして愛馬が充実の一年となりますよう、クラブスタッフ一同、努めてまいりますので、キャロットクラブに変わらぬご愛顧を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

戻る