Information

リスグラシュー号・引退式の実施について (20/1/7)

2018年のエリザベス女王杯で初のG1タイトルを手中に収めたリスグラシュー。
2019年は春のグランプリ・宝塚記念制覇を皮切りに、豪州G1・コックスプレート、そして暮れのグランプリ・有馬記念とG1競走3連勝を飾りました。グランプリ春秋連覇は牝馬では史上初、そして日本馬として初めて豪州中距離チャンピオン決定戦・コックスプレートを制したその偉業が評価されて、2019年度年度代表馬の栄誉に輝きました。
有馬記念を最後に現役を退きましたが、その功績を称えるべく、以下のとおり、引退式を行わせていただくことにいたしました。
当日はぜひ京都競馬場に足をお運びいただき、その勇ましくも優美な姿を目に焼き付けていただければ幸いです。

日時:1月19日(日)京都競馬・最終レース終了後
場所:京都競馬場

なお、式典は出資会員様を含めて、一般エリアからの観覧となります。
予めご了承ください。

戻る