Topics of Race Horses

重賞全4レースへスタンバイ (19/3/12)

先週末、3月9日(土)中山競馬「サンシャインS」では、パリンジェネシスが連勝で堂々のオープン入りを果たしました。一度も先頭を譲ることなく、見事な逃げ切り勝ち。オープンクラスともなれば、相手も強化されて厳しい戦いが待っていることかと思いますが、充実期を迎えつつある本馬ですので、この先の活躍も期待したくなります。翌10日(日)には、ブロードハーストが待望の初勝利、ザダルが自己条件での戦いを制して2勝を挙げてくれました。これで、当クラブ所属の3歳馬の勝ち上がり頭数は32頭となりました。まだデビューを迎えていない、勝利を挙げていない馬たちも、この勢いに続いて初勝利を掴んで欲しいと思います。
さて、今週末の中央競馬は、先週に引き続き中山・阪神・中京の3場開催となり、合計で4つの重賞レースが組まれ、なんと、その全てにキャロットクラブ所属馬が出走を予定しています。まず、16日(土)中山競馬「フラワーC-GV」にコントラチェックが、中京競馬「ファルコンS-GV」にグルーヴィットが参戦予定。そして、17日(日)中山競馬「スプリングS-GU」にディキシーナイト、阪神競馬「阪神大賞典-GU」にコルコバードが出走を控えています。この4頭の共通項は、「重賞未勝利であること」でしょうか。特に、6歳を迎えたコルコバードはこの3月で引退期限となり、今回が最後のレースとなりそうです。最後に有終の美を飾れるか、初コンビを組むM.デムーロジョッキーの豪腕で最高の輝きを放ってくれたらと思うと同時に、無事に走りぬいてくれることを願っています。3歳馬3頭は、この先の世代最高峰のGTレースへの試金石となる重賞戦で、頑張りを見せて欲しいですね。なお、週末金曜日には地方競馬で出走予定がありますので、キャロットクラブとしては実質3日間開催。だんだんと暖かくなってきたので、競馬観戦も心地よくなってきますね。皆様も仕事帰り、お休みの日…時間が許せば、競馬場へお出かけください。




戻る