Topics of Race Horses

ノーヴァレンダ 全日本2歳優駿制覇 (18/12/25)

23日(日)中山競馬場で行われました有馬記念(GT)。前走、天皇賞(秋)を制したレイデオロがファン投票、単勝支持とともにトップでレースに挑みました。五分のスタートから外目に位置を取り、3コーナーから猛追を見せましたが、勝ち馬にクビ差届かず、惜しくも2着となりました。当日は降雨の時間もあってあいにくの天気ではありましたが、多くの皆様に熱い声援をお送りいただきました。この場をお借りしまして、心より御礼申し上げます。2019年も古馬勢の中心としてチャレンジを続けていきますので、今後の動向にご注目ください。

さて、先週のクラブ所属馬は中央・地方あわせて5つの勝利を挙げてくれました。19日(水)2歳ダート王を決める全日本2歳優駿(JpnT)は、ノーヴァレンダが先行策からの押し切りを決め、3連勝でタイトル獲得を果たしました。母モンプティクールからついに重賞ウィナー誕生、それもJpnT競走ということで、この血統を追いかけてくださっている会員様も待望の瞬間であったことと思います。来春以降の活躍にも期待が高まります。その他、21日(金)地方所属のリトミックグルーヴはまずまずのスタートから好位で流れに乗り、直線は後続を突き放して見事デビュー勝ちを収めました。中央勢は、2歳未勝利戦でフィリアプーラが直線豪脚を披露し、2戦目で初勝利を飾ると、4歳馬パリンジェネシス・ヴァントシルムの2頭はともに長距離戦を制し、準オープン入りを決めました。各馬、2019年が飛躍の年となることを願い、出資会員の皆様にはお祝い申し上げます。おめでとうございました!

今年の競馬もいよいよクライマックスを迎えます。28日(金)中山競馬のホープフルS(GT)にはサートゥルナーリア、翌29日(土)大井競馬場の東京大賞典(GT)にはクリソライトが出走を予定しております。2戦2勝の無敗で挑むサートゥルナーリア、復帰後は2戦して今回の大一番を迎えるクリソライト、ともにGTタイトル獲得を目指しますのでご声援宜しくお願いします。
最後になりますが、「TOPICS OF RACE HORSES」はこの更新を年内最後とさせていただきます。まだ所属馬の年内出走が控えてはいますが、2019年は今年を上回る勝ち鞍を重ねられるよう、また皆様がクラブライフを今以上にお楽しみいただけますよう、クラブ社員一同、より精進してまいります。皆様、年末競馬も存分にお楽しみいただき、良い新年をお迎えください。 




戻る