Topics of Race Horses

リスグラシュー 女王の座に惜しくも届かず (17/4/11)

先週行われた第77回桜花賞(GT)。外ラチ沿いの桜は近年で1番と言って良い程に満開となった一方、天候の影響もあり、肝心の芝コースは予想以上の雨により稍重という中でファンファーレを迎えました。
昨年末の阪神JF、前哨戦のチューリップ賞からの巻き返しを狙ったリスグラシュー。重い馬場に苦しみながらも、最後の直線では中団から猛追を見せましたが、最後の1頭までは届かず2着。昨年のシンハライト同様、桜花賞では最良の結果となりませんでしたが、5月21日オークス(GT)で3歳牝馬の頂点へ、そしてキャロットクラブのオークス連覇達成へ向けて、次走のリスグラシューにもぜひご期待ください!

大阪杯のステファノス、桜花賞のリスグラシューと2週連続GT2着と非常に悔しい結果となっていますが、惜敗に終止符を打つべく、今週の皐月賞(GT)にレイデオロが挑みます。2歳時は、無傷の3連勝でホープフルS(GU)を快勝。今回はそれ以来の直行でのレースとなりますが、まず1冠目を掴み取り、最有力馬としてダービーへ・・・。今年は、クラブ馬のバウンスシャッセ以来となる牝馬の参戦、そして絶対的な抜けた存在が不在ということもあり、難解な1戦となりそうです。過去多くのクラブ馬たちが挑戦するも、2着が最高の皐月賞。レイデオロ、そしてクラブ悲願の皐月賞のタイトル獲得へ皆様ご声援宜しくお願いいたします。
また、その前日に行われるアンタレスS(GV)にはグレナディアーズが出走予定。前走は同厩舎のクリソライトから離される形となりましたが、今回は厩舎所属の松若騎手が同馬初騎乗となります。若手のホープによる手綱捌きにもご注目ください。

今週の競馬も3場開催で行われますが、中山と阪神はいよいよ最終週を迎えます。特に中山は、次開催の9月まで暫くのお休みとなりますので、お近くにお住まいの方はぜひライブで競馬をお楽しみください。また、皐月賞当日の最終レース後には恒例の馬場開放もございますので、レイデオロも駆け抜けた芝コースを歩くことも可能です。詳細はJRAのホームページでご確認ください。





戻る