募集中の馬の近況

「総口数400口(地方入厩予定馬は総口数100口)」です。
入厩予定は変更となることもございます。予めご了承下さい。
なお、募集状況にございます口数は「出資可能口数」となります。出資可能口数が150口以下(地方予定馬は35口以下)となりました際に表示いたします。
募集馬 情報日(場所) 近況 最新動画
21.クロストウショウの15
  鹿毛 2015/03/20生
父:ヘニーヒューズ
母父:アグネスタキオン
関東 奥平雅士 厩舎予定
募集総額:1,200万円
1口出資額:30,000円
出資可能口数:127口
1/13(NF空港)
馬体重:480kg 

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒のキャンターで2本登坂しています。運動量に比例して体は引き締まり、徐々にメリハリが出てきています。ただ、乗り込むごとにピリピリしたところを見せているので、今後はテンションに気を付けながら日々の調整メニューを進めていきたいところです。

1/13

30.シャラントレディの15
  黒鹿毛 2015/03/14生
父:*ハービンジャー
母父:フジキセキ
関東 矢野英一 厩舎予定
募集総額:1,400万円
1口出資額:35,000円
1/13(NF空港)
馬体重:448kg 

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒のキャンターで2本登坂しています。順調に日々の調整を進めることができているので、日が経つにつれて調教での動きやフォーム、そして馬体は良化を見せてくれそうです。気持ちが入り過ぎることはなく、乗り手の指示にも従順ですし、この調子で良化につなげていければと思います。

12/9

69.ベネヴェントの15
  鹿毛 2015/02/27生
父:*キンシャサノキセキ
母父:*トニービン
関西 渡辺薫彦 厩舎予定
募集総額:1,200万円
1口出資額:30,000円
1/24(NF空港)
リフレッシュ期間を挟んだことでいったん状態は持ち直してきていましたが、ここにきてカイバ食いが細くなっているため、調整メニューを落として対応しています。現在はウォーキングマシンでの調整を行っています。「馬体重が430キロ台まで減少している現状を見るとしばらくは内面の回復とともに成長を待つ必要があると見ています。現状で目立った所見はありませんが、無理はさせず、少し時間をかけていくことで良化を図っていければと思います」(空港担当者)

12/9

76.スウェアトウショウの15
  黒鹿毛 2015/03/20生
父:ジャングルポケット
母父:ディープインパクト
関西 牧浦充徳 厩舎予定
募集総額:1,200万円
1口出資額:30,000円
1/13(NF早来)
馬体重:420kg 

年末年始を順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週5回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1800m、週1回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。この中間も本馬に対する育成方針に変わりはなく、過度な負荷をかけるよりは成長度合いに見合った負荷をかけることに終始しています。それ故に他馬よりゆったりめのハロンペースではありますが、手応え自体は良化しており、昨年末と比較すると着実な前進が見られます。時期的に今すぐ競馬というわけではないので焦る必要ななく、今後も潜む素質の高さを少しずつ着実に表面に浮き上がらせるように乗り進めていきます。

12/22

81.テイクワンズアイの15
  黒鹿毛 2015/05/13生
父:*カジノドライヴ
母父:*サンデーサイレンス
地方 北海道もしくは南関東 厩舎予定
募集総額:800万円
1口出資額:80,000円
1/13(NF早来)
馬体重:430kg 

年末年始を順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調整を行っています。スラリとした馬体を構成するパーツには無駄がないことから、無理のない走りが可能となっており、実際に調教ではスムーズなフットワークを見せています。ここに力強さが加わってくれば、さらに走りの質が向上することは間違いありませんので、今後も適切な負荷をかけながら中身を充実させていきます。

12/9

84.プリンセスフローラの15
  鹿毛 2015/02/07生
父:タートルボウル
母父:キングカメハメハ
地方 北海道もしくは南関東 厩舎予定
募集総額:1,000万円
1口出資額:100,000円
1/13(NF早来)
馬体重:432kg 

年末年始を順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでキャンター1800m、週1回は屋内坂路コースでハロン19〜20秒のキャンター1本、週2回は軽めの調整を行っています。見た目にも馬体に伸びが出て成長期に差し掛かってきた印象を受けるので、今しばらくは成長を阻害しないよう調整を行っていきます。坂路調教を開始して以降、こちらの思惑通りの進展を見せていますので、今後も素質をしっかり伸ばしていけるよう接していきます。

12/22