確定申告に関するQ&A

株式会社キャロットクラブよりお送りしている書類

匿名組合契約等の利益の分配の支払調書:法律で定められている書類(対象期間中に収入金額(利益分配額)のあったお客様にのみ発行する書類となります)
所得税申告資料:所得税申告資料:確定申告時の参考資料となります。
毎月お送りしています「出資と分配(ご請求明細書)」は金融商品取引法第42条の7第2項に基づく運用報告書となりますのでそちらの内容をご確認ください。

確定申告書の記入例



Q:確定申告に関する書類はいつ頃送られてきますか?
A:毎年1月下旬にお手元へお届けしております。


Q:確定申告する必要がありますか?
A:給与所得がある方は、雑所得の所得金額が20万円を超えると必ず申告する義務があります。
それ以外の方については、税務署等に相談の上お客様自身でご判断ください。


Q:収入金額とはどのような金額ですか?
A:年間の利益分配額を合計した数字になります。


Q:今年分配金を受け取りましたが、収入がゼロになっています。(または分配受取総額より収入金額が少ないです)なぜですか?
A:収入とは利益分配額の金額となっております。
毎月お支払いする分配金は出資返戻金と利益分配額を合わせた金額となります。
よって、受取分配総額と収入金額は必ずしも一致しません。


Q:必要経費には何が含まれていますか?
A:一般会費、入会金(新規入会者の初年度)、終了損失(マイナスの場合)の年間の数字です。

Q:預託料(維持費出資金)は費用にならないのですか?
A:毎月お支払い頂いている維持費出資金は追加出資金にあたるため、費用とはなりません。


Q:その他費用となるものは無いのですか?
A:税務署によって判断が異なる可能性があるため、キャロットクラブとしては最低限の項目を記載しています。
その他の項目については、お客様管轄の税務署へお問い合わせください。


Q:所得金額とはどのような金額ですか?
A:収入から費用を引いた数字です。所得金額が税金の課税対象となる金額(利益)です。
この利益を税金の世界では『所得』と言います。
  
個人の税金(所得税)の場合、匿名組合の利益の分配は、生業ではないという判断で雑所得に取り扱われています。
そのため他の所得とは損益通算できません。


Q:終了損失は確定申告すると還付されるのですか?
A:されません。
終了損失とは『出資累計額』から『出資返戻済み額』を引いた数字です。
出資した金額のうち、どれだけ回収できずに引退したかを表す数字になります。
その年の雑所得の収入と相殺する事で、納税額が少なくなることはありますが終了損失そのものの金額が還付される事はありません。


Q:法人会員ですが法人税の確定申告の資料を作成してもらえますか?
A:決算期に合わせた資料として「匿名組合契約等の利益の分配の参考資料、法人税申告の参考資料」を作成しお送りしております。
あくまでも参考資料になりますので、毎月お送りしています正式な書面の「出資と分配(ご請求明細書)」をご確認ください。
キャロットクラブホームページ「よくあるお問い合せ」の下部にあります「その他問合せはこちら」の問合せフォームよりお申し出ください。