Topics of Race Horses

秋も2歳馬の勢いは止まらず (13/10/28)

好調2歳馬達は夏の勢いそのままに、先週も活躍を見せてくれました。

10月26日の京都競馬(萩S・芝1800m)に出走したデリッツァリモーネ(牡2、栗東・石坂厩舎)が内からスルスルと抜け出してオープン入り。鞍上からまだまだ良くなりそうと太鼓判をもらい、今後の活躍がますます楽しみになりました。
27日の東京競馬(2歳新馬・ダ1600m)ではジャッカスバーク(牡2、美浦・古賀慎)が直線の競り合いで勝負根性を発揮し、1番人気に応えて快勝。大型馬の初戦でまだ馬体に余裕はありましたが、伸びシロを残した中での勝ち星だけに次走のパフォーマンスにも期待が高まります。

さて、福島から新潟へ舞台を移したきんもくせい特別ですが、その後アルフレード、ゴットフリートとGTで活躍する馬が連続して現れたことによりすっかり注目のレースとなりました。今年はマジックタイムが豪脚を披露して勝利しました。血統に目を向けると同馬の母はタイムウィルテル。そうです、当クラブ募集馬(募集番号13番タイムウィルテルの12)の半姉にあたります。まだ1歳秋ということで将来に向けた馴致を行っている段階ですが、随所に見せるサンデー系らしい身のこなしの柔らかさにはいいものがあります。ぜひ注目してみてはいかがでしょうか。



戻る