Topics of Race Horses

世界一の戦い・凱旋門賞 (13/10/7)

 世界一の称号を手にするため、2頭の日本馬オルフェーヴルとキズナが仏・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(GI)に挑戦しました。昨年以上の結果が期待されましたが、残念ながら日本調教馬による初制覇は持ち越しとなりました。しかし、2頭が見せた走りは紛れもなく、世界トップクラスの走りでした。そして、これからも挑戦し続けなければならないレースであることは間違いないでしょう。
 一方、国内に目をやるとクラブ募集馬の一族が大活躍中。カイゼリンの12と同母系のブロードソードが京都競馬(3歳上1000万下・ダ1400m)を快勝。そのほかにもシェルズレイやクロノロジストの産駒が勝利を手に収めています。また、レーヴディマンの全姉にあたるレーヴドスカー、その産駒のレーヴデトワールがデビュー勝ち。同母系の優秀さを披露してくれています。
 キャロットクラブはまだまだ良血と呼ばれる産駒たちを数多く募集しています。ぜひ、ご検討してみては如何でしょうか。次に世界を目指す馬はこの中にいるかもしれません。




戻る