Topics of Race Horses

2012年度世代最初の勝ち名乗り (13/6/24)

2歳新馬戦の開始とともにキャロットクラブ所属の2012年世代も始動していますが、6月22日(土)の函館競馬(2歳新馬・牝・芝1200m)に出走したシュシュブリーズが世代最初の勝ち名乗りをあげました。まだ若駒らしくフワフワとした走りでしたが、直線に向くとしっかり伸びて快勝!見事1番人気に応えてくれました。
 それに続けとばかりに翌23日(日)の阪神競馬(2歳新馬・芝1800m)ではピオネロが優勝!道中は最後方からの追走となりハラハラしましたが、直線に入ると末脚をグイグイ伸ばして前を行く馬をきっちり捕らえてくれました。2頭ともまだまだ成長の余地が感じられるだけに今後の活躍が楽しみでなりません。
 そして、古馬陣も負けじとアーデントが22日(土)の東京競馬(八ヶ岳特別・芝1800m)でトップハンデをものともせず余裕の勝利!クラシック路線を歩んできた素質馬がここでは力が違うと言わんばかりのレースぶりを披露してくれました。
 今週もデビューを向かえる馬や、重賞へ挑戦する馬など様々な舞台でキャロットクラブ所属馬が出走を予定しておりますので、ぜひ愛馬たちの活躍にご期待ください。



戻る