Topics of Race Horses

2015年上半期グランプリから夏競馬へ (15/6/29)

24日、大井競馬場で開催された帝王賞には、当クラブからクリソライトが出走。粘り強い走りを見せ、強豪ホッコータルマエを相手に僅差の2着という大健闘。
28日の阪神競馬場では、中央競馬上半期のグランプリレース宝塚記念が催され、当クラブ所属馬を代表し、ディアデラマドレが参戦。掲示板は逃したものの、最後の直線では本馬らしい切れ味のある末脚を垣間見せ、秋への期待が膨らみました。
北海道シリーズ函館の地では、27日にジェベルムーサが休養明けの復帰戦を見事優勝で飾り、28日は良血馬クローディオが待望の初勝利を収め、ロケットダッシュは得意の1000mで1年3か月ぶりの勝利を挙げることが出来ました。今週も皆様から多くのご声援を賜ったこと、感謝申し上げます。

メイクデビューの季節になり、クラブ所属馬ではいち早く、ナインハーフ(25日門別競馬・フレッシュチャレンジ)と、ブランシェクール(28日東京競馬・2歳新馬)が無事にデビュー戦を終えています。
初めての実戦とのことで課題点も多く、満足いく着順には到達出来ませんでしたが、この早い時期にデビューまで辿り着けた能力があるのは確かです。まだまだ成長が見込める段階ですし、次戦につなげていって欲しいところです。

さて、今週からは中京や福島開催も始まり、夏競馬もいよいよ本番を迎えようとしています。
今週クラブ2歳馬では、トロヴァオ、レンベルガー、オリンダ、エスティタートの4頭が新馬戦に挑む予定ですので、温かく見守っていただければ幸いです。

先週末の新馬戦6戦のうち、2戦をダイワメジャー産駒が勝利し、やはりこの時期、同種牡馬の活躍が際立っている印象です。
現在募集中の募集番号60番ワイオラ13もダイワメジャーの産駒。小柄な馬体ながら、負荷の高い坂路調教もしっかりこなせており、順調に良化の一途を辿っていますので、ご注目いただきたい一頭です。



戻る