Topics of Race Horses

ご声援ありがとうございました (15/4/13)

先週末は、オーストラリア、ロイヤルランドウィック競馬場で行われたクイーンエリザベスSにトゥザワールドが、阪神競馬場で行われた牝馬クラシック第1弾桜花賞にはルージュバック、クルミナル、レオパルディナ3頭のクラブ所属馬達がGIの舞台に挑戦しました。
トゥザワールドは、前走GIランヴェットSでトーセンスターダムを2着に下して優勝した本命候補コントリビューターが前日に取り消したため、1番人気の支持を受けましたが、ソフトな馬場の影響もあり、終始ノメってしまい12着に終わりました。
桜花賞に出走したルージュバックは、単勝1.6倍という圧倒的な人気を集めましたが、1000m通過が62.5秒という超スローペースの流れに乗り切れず9着。前走、チューリップ賞では苦手な重馬場に全く良いところがなかったクルミナルは、出遅れながら直線しぶとく伸びたものの2着まで。鞍上、武豊で臨んだレオパルディナは、好スタートから好位の外目を追走して行き、4コーナーで先頭に並びかけて一瞬見せ場を作りましたが11着に敗れました。
残念ながら先週のGIレースでは、キャロットクラブ所属馬の優勝とはなりませんでしたが、皆、それぞれ今回の敗戦を糧にして、次走では巻き返してくれることでしょう。そして今週末は、牡馬クラシック一冠目の皐月賞にアダムスブリッジが出走を予定しています。ゲートインさえ叶わなかった僚馬シャイニングレイの分まで、頑張って欲しいものです。今後ともキャロットクラブ所属馬たちにご注目、ご声援よろしくお願い申し上げます。




戻る