Topics of Race Horses

キングカメハメハ産駒が大活躍 (15/2/2)

 1月4日に東西の金杯で幕を明けた2015年の競馬シーズンは早くも第1回東京競馬、第2回京都競馬が開始いたしました。先週末からの降雪の影響が心配される中、東京・京都ともになんとか無事に開催されることとなり、そんな中2月1日の京都競馬ではトゥザレジェンドが4歳上500万下(7R・牝馬限定・ダ1800m)を勝利し、惜敗続きにピリオドを打ってくれました。
 また、何と言っても先週の注目はトゥザレジェンドの父であるキングカメハメハ産駒の大活躍でした。1日の京都競馬場では12R中産駒たちが7勝を挙げると言う離れ業を見せ、2000年4月2日にサンデーサイレンスが記録した1場における1日最多勝利記録(6勝)を塗り替える新記録を樹立しました。また、同日の東京競馬場でも4勝を挙げて1日計11勝というのもサンデーサイレンスが1999年6月12日の9勝を大きく上回るものでした。
 キャロットクラブでの父キングカメハメハの募集馬と言えば、募集番号5番のオーベルゲイドの13です。5月後半の遅生まれということもありまだ成長途上ではありますが、その中においても坂路コースでハロン16秒台の調整を行っているように育成過程は順調そのもの、心身ともに成長が見られることからも今後が楽しみな1頭と言えるでしょう。ぜひともご注目ください。



戻る