Topics of Race Horses

実りの秋に (14/10/20)

 先週末は全国的に秋晴れのもと、京都競馬場で注目の秋華賞を含む、東京・京都・福島の3競馬場にて熱戦が繰り広げられました。中でも18日(土)東京競馬場ではディアデラマドレがメインレースの府中牝馬ステークス(GU・牝馬限定・芝1800m)を母譲りの豪快な差し脚で快勝し、夏の悔しさを晴らす見事な勝利で秋初戦を飾ってくれました。本馬はこれで重賞2勝目、次走へ向けて大きく期待が膨らみます。また、秋華賞では募集番号8番キューティゴールドの13の半姉ショウナンパンドラが初のGTタイトルを獲得しました。将来へ向けて弟の期待が大きくなったのは言うまでもありません。

 今週も京都競馬場にてクラシック最終章となるGT・菊花賞(芝3000m)が行われます。キャロットクラブ所属馬では春の鬱憤を晴らすべくトゥザワールドが出走を予定し、昨年のエピファネイアに続けとばかり虎視眈々とタイトルを目指します。今週も所属馬たちにご期待ください。
 ディアデラマドレ、トゥザワールドの父であるキングカメハメハは、先週18日(土)京都競馬場の新馬戦(4R・ダ1800m)でもプチドウォヘッド(牡2歳・吉村厩舎)が7馬身差の圧勝を見せるなど産駒たちは好調な成績を挙げております。キャロットクラブでは、キングカメハメハ産駒として募集番号5番オーベルゲイドの13と42番ディマクコンダの13が只今出資受付中ですので、成長力十分な2頭の今後にご注目ください。




戻る