Topics of Race Horses

クラシックが待ち遠しい (14/3/24)

クラシックに向けてのトライアルレース、ステップレースが毎週のように行われる中、キャロットクラブ所属馬は大活躍を見せています。21日の中山競馬、フラワーカップ(GV・芝1800m)ではバウンスシャッセが終いまでしっかりと伸びて見事に優勝し、クラシックへ向けて視界がグッと開けました。同日7レースではファドーグが3歳500万下(ダ1800m)で余力を十分に残したまま2勝目を挙げオープン入りを果たし、23日の阪神競馬ではベストリガーズが8か月ぶりの出走となった4歳上500万下(ダ1800m)で実に2年ぶりとなる嬉しい嬉しい勝利を挙げました。

フラワーカップの結果を受けて、キャロットクラブの所属馬からは、現在のところハープスター、トゥザワールド、リラヴァティ、バウンスシャッセの4頭が桜花賞、皐月賞に出走する予定となっております。それぞれに前哨戦でも見事なレースを見せてくれているので、本戦での走りが今から楽しみですね。

会員の皆様にもクラシックでのキャロットクラブ所属馬の走りに、ご注目頂ければ幸いです。



戻る