Topics of Race Horses

ゴールドアリュールの活躍 (14/2/3)

先週はゴールドアリュール産駒が4勝を挙げる活躍を見せ、さすがリーディング上位の種牡馬だと唸らせるものがありました。
勝ち星の4勝はすべてダート、その内3勝が東京競馬場であり、そのうえ重賞の根岸ステークス(東京・ダ1400m・GV)では産駒のシルクフォーチュンが3着に入るという好調ぶりでした。
意外にもゴールドアリュール自身は東京競馬場のダートコースを走ったことがなく、もし走っていたらどれ程のパフォーマンスを見せていたのかと想像してしまいますね。
勝利を挙げた産駒の血統を見てみると母父はミスプロ系かブライアンズタイムというダート巧者の血が入っており、このことからもダート適正がより高まっているのでしょう。
父ゴールドアリュールに母父ミスプロ系の募集馬と言えば、募集番号70番マンハッタンの12です。ダート界での活躍を目指し日々トレーニングに励んでいますので、ぜひご注目ください。



戻る