Topics of Race Horses

桜の舞台へ視界良好! (19/1/17)

中央開催は早くも開催2週を終え、先週は所属馬4頭が勝ち星を重ねるなど好スタートを切っております。
中山のメイクデビューでは、3歳馬ザダルが石橋騎手の好判断で逃げの手に出ると、内から迫る2着馬を振り切って見事デビューV。明け4歳勢は、ルメール騎手を配したセンテリュオが初の関東圏遠征、距離延長を難なくクリアして優勝。また、3歳1月以降、勝利から遠ざかっていたレノヴァールは休み明けの一戦を迎え、逃げた2着馬を最後の最後に交わして嬉しい通算3勝目を飾り、センテリュオとともに準オープン入りを果たしました。
そしてもう1頭、暮れの中山で初勝利を挙げたばかりのフィリアプーラがフェアリーS(GV)へ出走。前走同様、後方で脚を溜め4コーナーで外目に促すと、最後の直線は末脚炸裂!キャリア3戦で重賞ウィナーに輝き、同時にキャロットクラブ2019年初重賞のタイトルをもたらしてくれました。桜満開の仁川へと駒を進めるには十分な賞金加算も叶い、春が非常に楽しみになってまいりました。先週勝利を挙げました各馬の出資会員の皆様、誠におめでとうございました。
さて、今週から中京競馬も開幕して3場開催となっていく中、注目はAJCC(GU)に出走を予定しているメートルダールでしょう。前走は末脚が伸びずに勝ち馬から離される結果となりましたが、今回は初騎乗のマーフィー騎手を背にしてどのような競馬を見せてくれるのか、期待をもって送り出したいと思います。各場で今週もクラブ所属馬が多数出走を控えておりますので、ぜひ現地でご声援をお送りいただきますよう、宜しくお願いします。

最後に、2018年度JRA賞の発表が先日行われ、クラブ所属馬よりレイデオロが最優秀4歳以上牡馬、リスグラシューが最優秀4歳以上牝馬に見事選出されました。出資会員の皆様にお祝い申し上げるとともに、ご声援をお送りいただいています皆様方へ厚く御礼申し上げます。両馬とも現在はリフレッシュ放牧に出ておりますが、今年も更なるタイトル獲得を目指し国内外で挑戦を続けてまいりますので、引き続きご注目ください。




戻る