Topics of Race Horses

クラージュゲリエ重賞制覇! (18/11/27)

秋晴れの中、先週は24日の京都競馬でクラージュゲリエが京都2歳Sに出走し、メンバー唯一の上がり3ハロン33秒台の脚を使って見事に優勝。2016年産最初の重賞ウイナーとなりました。前走があと一歩というレース内容だっただけにその鬱憤を晴らすとともに今後への飛躍を感じさせてくれました。また、鞍上のモレイラ騎手もさらに大きな舞台で活躍できる素質を感じてくれたようで、今後の成長にも楽しみが膨らみます。

翌25日の東京競馬、ウェルカムSではアップクォークとジークカイザーがともに上がり3ハロン32秒9の鬼脚を繰り出して接戦を演じましたが、今回はアップクォークに凱歌が挙がりました。アップクォークはこれで晴れてオープン入りとなりましたが、オープンでも十分やっていけるというパフォーマンスを見せてくれたのではないでしょうか。一方、敗れてしまったジークカイザーも負けて強しの内容で、直線がスムーズであれば逆転もあったかもしれませんので、次走に改めて期待したいところです。

また、23日の浦和競馬では地方競馬所属のプラネットエーがデビュー戦を迎え、他馬を寄せ付けない走りで見事に初陣を飾ってくれました。まだまだ成長途上ではありますが、その中でもこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、これからもケガ無く末永い活躍を見せて欲しいと思います。そして、同日の浦和記念に出走したクリソライトは3着でしたが、古豪復活を印象付ける走りを見せてくれましたので、再びダート戦線を賑わせてくれる日が近いのではないでしょうか。

今週はレイエンダが重賞勝利を目指して12月1日阪神のチャレンジCに出走を予定しています。まだキャリアは浅いものの、偉大な兄の後を追うためにもここはぜひともいい勝負を見せてほしいと思いますので、皆さまにもぜひご声援いただければ幸いです。




戻る