Topics of Race Horses

レイデオロ 第158代天皇賞馬に (18/10/30)

10月28日(日)に東京競馬場にて、「平成」という元号の下で執り行われる最後の「天皇賞(秋)」が開催となりました。その節目ともいえる記念すべき第158回天皇賞(秋)をレイデオロ号が制し、見事当クラブ初の天皇盾を手中に収めました。今年前半の苦しい期間を乗り越えて、本来の輝きを取り戻してくれたことがただ嬉しくてなりません。とても強い競馬で「強いレイデオロが帰ってきた!」と感じました。
その前日、27日(土)の京都競馬「萩S」ではサートゥルナーリアが勝利し、2歳王者へ頭角を現し、また地方の浦和競馬では26日(金)にレイデオロと同世代のフィーユドトネールが自身5勝目を挙げるなど、フィールドは違えど、各々が頑張りを見せてくれた先週末でありました。
上記の通り中央・地方競馬あわせて3日間連続で勝利を挙げ、今年の通算勝利数を伸ばしておりますが、今週も出走を見据えて所属馬たちが多数スタンバイ。まず手始めに平日の地方競馬では、10月31日(水)大井競馬「マイルGP-SU」へディアデルレイとトロヴァオの2頭が、月が替わって11月1日(木)門別競馬場で行われます「北海道2歳優駿-JpnV」へはイルジオーネが出走予定。そして、週末11月4日(日)、今年は京都競馬場で開催されるJBC競走。「JBCクラシック-JpnT」へは古豪クリソライトが、昨年9月のコリアC以来、実に1年2か月ぶりにレースへ臨みます。長期休養明けの1戦、まずは無事にという思いですが、やはり実績馬ですのでいきなりの好走をひそかに期待したくなります。また、「JBCレディスC-JpnT」へはブランシェクールが出走予定。地方転籍後はコンスタントに頑張りを見せ、重賞でも2着にきている本馬。今度こそはと待望の重賞制覇へ期待が高まります。気温は涼しくなってきましたが、今週も砂上の戦いは引き続き熱演を見せてくれそうですね。
この他にも、今週末からは秋の福島開催がスタート。秋の深まりとともに、各地で紅葉が始まり出している頃合い、競馬観戦ついでに、紅葉まで楽しめたら一石二鳥ですね。「遠出は面倒でちょっと…」というめんどくさがりな方は、東京・京都競馬場でも楽しめます、JRA×ぐでたま「ぐでうまカフェ※」で、ぐでぐでとした週末を送ってみるのもいいかもしれません。
※JRAとサンリオのキャラクター「ぐでたま」とのコラボイベント「ぐでぐでケイバ」。JRAにて特設サイトが開設中です。




戻る