Topics of Race Horses

シンハラージャ 待望の初勝利! (18/6/5)

先週末の中央競馬では、6月3日(日)阪神3Rでシンハラージャが待望の初勝利を収めました。期待を一身に背負う血統馬がキャリア5戦目にして掴んだ初勝利。ここまでは少し時間を要しましたが、まだまだ能力を秘めている若駒ですので、ここからの巻き返しに向けて、本馬の成長力に期待したいと思います。

2歳の新馬戦もスタートし、今年のクラブ2歳馬で最初のデビューを果たしたのはグレートバニヤン。デビュー勝ちとはなりませんでしたが、初めての実戦で5着と健闘を見せてくれましたし、上積みが期待できるであろう次走が楽しみです。

さて、今週末6月10日(日)は東西ともにメインが重賞レースとなっていますが、その両方にキャロットクラブ所属馬がスタンバイ。東京競馬「エプソムC-GV」にはサーブルオール、阪神競馬「マーメイドS-GV」にはミリッサが初の重賞制覇に向けて挑みます。2年前、2016年6月12日にはこの東西重賞レースをルージュバックとリラヴァティが制したことは記憶に新しいですが、サーブルオール、ミリッサともに充実期を迎えつつある2頭ですので、東西重賞制圧を期待したくなります。

2歳世代では、フラッシュノワール、サートゥルナーリアの2頭がデビュー予定。両馬ともに追い切りの評判も良いことですし、初戦から好勝負を見せてくれそうですね。勝負の世界故に、定められた期間内に最良の結果を手にすることを求められる厳しい局面はもちろんありますが、いきなり勝利を掴めなくとも、1戦ごとに経験を積んでいき地道に前進を図っていくことも大切なことだと思います。各馬がまずは無事にレースを迎え、ベストパフォーマンスを発揮できますよう、そして、もちろん無事にゴールを切れるよう、温かく見守っていただけますと嬉しく思います。




戻る