Topics of Race Horses

2018年勝利数、二桁へ到達 (18/1/30)

2018年の東京開催初日を迎えた、1月27日(土)4Rの未勝利戦では、ギャラッドがゴール前の際どい叩き合いを制して優勝。3戦目で待望の初勝利を掴み、同時にクラブの今年の勝利数を「10」に伸ばしてくれました。翌28日(日)は、12Rに出走したサーブルオールが最後までしぶとい伸び脚を披露し、約1年2ヶ月ぶりの勝利で自身4勝目を収め、また同日、京都競馬8Rではヴィルデローゼが完勝とも評せる強い競馬で、こちらも約1年ぶりの勝利を挙げました。

さて、早いもので、もう今年も1ヶ月が過ぎ行き、2月に入ろうとしています。
今週末、2月4日(日)に東京競馬場で行われる重賞「東京新聞杯-GV」へは、クルーガーとリスグラシューの2頭が出走予定。重賞WINNERである2頭ですが、ともに最近はあと一歩のところで勝利には至れずといった、惜しいレースが散見されている印象です。過去の実績からも好勝負が期待される府中のマイル重賞戦で、待望の勝利を…と、切に願います。
上記2頭に限らず自己条件に挑む出走予定の各馬も、勝機を見出すチャンスは十分にあるかと思われます。どの所属馬もまずは怪我なく走り、また最良の着順に到達できますように、皆様からも変わらぬご声援をいただけましたら嬉しいです。





戻る