Topics of Race Horses

中央・地方ともに2歳馬の活躍が際立つ (17/11/14)

先週は11月8日(水)に、オールパスレルが浦和競馬移籍後初戦となった「川崎若駒OP」でキッチリと優勝を果たし、大晦日に開催されるSTレース「東京2歳優駿牝馬」出走へ名乗りを挙げると、週末の中央開催、12日(日)京都競馬では、フィニフティが断然の1番人気に押される中で自身のデビュー戦を華々しい勝利で飾りました。同じくデビューを迎えたシーリア、テトラクォーク、レースを重ねる中で着実に成長してきているエンジェルウィング、紆余曲折を経て本格化の兆しが見え始めたトゥザクラウン、今回は2着に敗れてしまいましたが、この経験を糧に次走こそは最良の結果を掴んでほしいと思います。

さて、今週末の中央開催へはキャロットクラブから総勢31頭が出走予定。特に2歳馬たちの動向が目立ってきた印象で、ヴァルディノート、オノリス、コンダクトレス、ナラトゥリスは早々と1勝目を挙げ、500万クラスへ昇級、キャリアを築き上げ始めています。デビューを迎えるエルディアマンテ、そしてイルーシヴグレイス、エイムアンドエンド、ミーティアトレイルもまずは初勝利を収めて、上記の4頭に続いていってほしいですね。
また、GT・マイルCSへクラブ所属馬からはクルーガーが参戦を予定しています。賞金的に出走できるか未定の現状ではありますが、復調を感じさせる前走の内容からも、条件次第では好勝負を見せてくれるのではないかと期待しています。もし出走が確定しました際には、是非ともご声援を送っていただければ嬉しい限りです。晩秋の東京&京都開催も残すところ今週、来週とあと2週。思い残すことのないよう、しっかりと堪能したいと思います。

そして、週末の中央競馬の前には地方競馬ももちろん、あります。17日(金)は中央競馬再転入を目標に名古屋へ転籍したムスターヴェルクが、新天地での2戦目へ挑みます。明日15日(水)大井で開催される重賞「マイルグランプリ-SU」にトロヴァオが新コンビ御神本騎手とともに1年前のダービーグランプリ以来となる重賞制覇を目指しています。ナイター競馬になりますので、仕事終わりに現地で、またはご自宅で観戦をしていただければ幸いです。






戻る