Topics of Race Horses

トロヴァオ 衝撃の復活V (17/10/11)

3日間開催で行われた先週の中央競馬。3連休で競馬を現地観戦された方も多かったのではないでしょうか。土曜日の前半こそ雨に見舞われたものの、残りのレースは好天の中で開催され、また久しぶりに舞台を東京・京都へ移したこともあり、各競馬場は大いに盛り上がりを見せていました。

そんな中、クラブからはメサルティムとストライクイーグルの2頭が優勝。メサルティムは少頭数で難しい競馬でしたが、好スタートから気分良く先手を取りそのまま押し切り勝ち。ストライクイーグルは降級後3戦目にして待望の通算3勝目を挙げ、勢いをつけて再び1000万クラスへ戻ることになります。
また、先週は3日(火)大井競馬場で行われた準重賞・ムーンライトCにトロヴァオが出走。1番人気の馬が前を引っ張る流れで好位を追走、4コーナーを回ったところで射程圏に捕えるとそこから直線は2着以下をただ突き放す一方。昨年11月のダービーグランプリ以来の勝利を飾り、今回で出走権利を得たマイルグランプリ制覇に向け、更なる上積みに期待したいところです。3頭の出資会員の皆様、おめでとうございました。

さて、今週からは再び連続GT開催へ突入!15日(日)京都競馬場では3歳牝馬GT最終戦・秋華賞が組まれており、クラブからはリスグラシュー・ミリッサ・リカビトスの3頭が出走を予定しています。リスグラシューは春の無念を晴らすべく、ミリッサとリカビトスは春からの勢いそのままに一気のGT獲りを狙います。
また同日の東京競馬場では、ホーカーテンペストが東京ハイジャンプ(J-GU)へ出走を予定。障害王者の出走と強敵が控えていますが、ここで勝ち負けを演じることができればこの先が楽しみになるだけに重要な1戦と言えます。今週末の日曜日、両重賞競走にご期待いただくとともに、他のレースにもクラブから有力馬が多数出走を予定していますので、あわせてご注目ください。

最後に、昨日発売となった今週の週刊ギャロップを読んでいたところ、クラブに関わる記事が多く掲載されていましたのでご紹介します。
秋華賞出走予定の3頭は勿論のこと、リカビトスに騎乗予定の浜中騎手のコラム、今年の日高地区で最多種付を記録したのがリオンディーズだったニュース、デビュー前のデサフィアンテとラプトレックスの記事、松本ぷりっつさんのページにリスグラシュー登場、と見どころたっぷりですので、是非ご覧ください。




戻る