Topics of Race Horses

1年遅れ「実りの秋」到来を期待したくなる、栗毛の才女 (17/7/11)

先週末の開催では8日(土)、函館競馬では3歳牝馬ネオフレグランスが見事な差し切り勝ちで2勝目を挙げると、中京競馬ではレントラーが復調を感じさせる力強い走りで優勝。およそ2年弱ぶりの勝利となる、3勝目を掴みました。
そして、翌9日(日)中京競馬で3歳牝馬ミリッサが、初めての競馬場といった不安要素を一蹴するかの如く素晴らしい走りで勝利。姉シンハライトの辿り着けなかった秋の淀の舞台へ向けて、貴重な1勝を手中に収めました。

今週末の中央競馬も引き続き、函館・福島・中京と3場開催。土日あわせて、総勢約20頭のキャロットクラブ所属馬がエントリーしています。その中でも、3歳未勝利馬たち7頭には是非、初勝利を掴んでほしいと、特に頑張ってほしいとの思いになります。競走馬としてのキャリアの生き残りをかけてレースへ挑む彼・彼女たちに、皆様からもアツい応援をお願い致します。

さて、カレンダー的には17日(月)が祝日にあたるため三連休となり、いよいよ夏休みに突入する頃合いですね。
その3連休最終日、中央開催はお休みですが、地方・盛岡競馬が開催予定、当日の重賞「マーキュリーC」へ、キャロットクラブからはピオネロとディアデルレイの2頭が出走に向けて態勢を整えています。
年齢を重ねてきて円熟味を増してきた2頭、そろそろ重賞タイトルが欲しいところ。ダート界は群雄割拠の状況が続き拮抗していますが、好勝負を演じてくれることを期待したいです。

日本列島全国的に暑さ厳しくなっていくようですので、馬たちのコンディションには細心の注意を払っていきたい季節がら、皆様も体調崩されませんようにくれぐれもご自愛ください。




戻る