Topics of Race Horses

ダイオライト記念 3連覇の快挙! (17/3/22)

先週は地方・船橋競馬で連日のクラブ所属馬の出走、中央競馬では3日間開催に加え、GT前哨戦の注目レースが目白押しだったこともあり、皆さん充実した競馬ライフをお過ごしになられたのではないでしょうか。クラブからはクリソライト・フィーユドトネール・アクセラレートの3頭が見事優勝。中でも特筆すべきは、やはりクリソライトでしょう。

7歳となり迎えた2017年初戦、鞍上には昨年のダイオライト記念以来となる武豊騎手を配し、偉業達成に向けて万全の態勢でいざレースへ。スタートを決めて早めに進路を外に向けると、2周目3コーナーでは先頭を早々と捕え、あとは後続を突き放す横綱相撲で見事同レース3連覇を達成しました。今秋にはコリアカップ連覇に向けての挑戦も視野に入っていることから、本馬の今後のローテーションから目が離せません。
さらに、レース当日は武豊騎手48歳のバースデイでもありました。レース後のウィナーズサークルにはダブルのお祝いで多くのファンが駆けつけたこともあり、大変華やかな表彰式に。この勝利で華を添えることができましたことは、我々も非常に嬉しく思います。クリソライト出資会員の皆様、そして武豊騎手、誠におめでとうございました。

さて、今週の競馬に目を向けますと、国内ではGT・高松宮記念を中心とした3場開催、そして海の向こうドバイではドバイワールドカップデイの開催と目が離せない週末と言えます。
ドバイ国際競走には、クラブから4戦無敗の3歳馬エピカリスがUAEダービー(GU)に挑みます。これまでのレース振りは逃げて良し、控えて良しと自在性に富んだ走りを披露しており、相手は強化されますが果敢にビッグタイトル獲得を狙います。一方、国内ではGTへの出走こそないものの、ガンサリュートが毎日杯(GV)、フェルメッツァが日経賞(GU)、ディアデルレイがマーチS(GV)へ出走を予定しています(フェルメッツァは六甲Sの可能性も)。どの馬もクラスを上げてきてこれから賞金を加算していきたい立場であることから、飛躍の春となるよう好走に期待したいところです。

今週の競馬が終わりますと、いよいよカレンダーは4月へ。3歳路線は牡馬・牝馬ともに前哨戦を終えてクラシック本番、古馬路線はGT昇格となりました大阪杯が近づいてまいりました。季節の変わり目となりますので、体調にはくれぐれもお気をつけていただき、皆様にとってハッピーな1週間となりますことをお祈りしております。




戻る