Topics of Race Horses

何かと“3連続”づくしな今週 (17/3/14)

先週末の中山開催では、3月11日(土)にシュペルミエール、翌12日(日)にはリカビトスが勝利を収め、2頭ともに栄えあるオープン入りを果たしました。
そのレースぶりから今後の更なる飛躍が予期されるだけに、初春を迎えてますます充実の一途を辿って行きそうな両者の動向から目が離せません。

さて、今週末からの中央競馬は3日間開催。暖かくなりお出かけしたくなる頃合の3連休に、連日重賞競走が組まれているという、競馬ファンにはたまらない超充実ぶり。
最終日、20日(月)中山競馬のフラワーCには、キャロットクラブからディーパワンサが出走予定。昨年デビューから2連勝で一気にオープン入りを果たした本馬の、2017年始動戦。まだまだ成長著しい3歳牝駒ですし、先につながるレースを期待してご声援を送っていただければ幸いです。
また、3歳世代いよいよ最後となる「新馬戦」には、オプティマイズとキャノンショット2頭の血統馬が出走を控えており、是非とも両馬にはデビュー勝ちという響きの良い1勝目を手にしてほしいと思います。

その前の平日には地方・船橋開催が行われ、15日(水)は今年からナイター競馬となった重賞競走「ダイオライト記念」にクリソライト、グレナディアーズの2頭が出走するのを皮切りに、クラブ所属馬が16日(木)、17日(金)とこちらも3日間連日で出走予定。
ダイオライト記念では、クリソライトが3連覇という偉業を成し遂げることができるか注目が集まりますが、会報3月号コラム「キャロットな馬たち」で取り上げられてから人気急上昇中?のグレニャディアーズこと、グレナディアーズの重賞初挑戦も気になるところです。

引き続き、キャロットクラブ所属馬たちに温かいご声援のほどお願いいたします。






戻る