Topics of Race Horses

名牝シーザリオ産駒デビューV! (16/11/14)

先週の中央競馬も3場開催で行われ、クラブ所属馬からはアップクォーク、サンマルティン、グローブシアター、アプリコットベリーの4頭が勝ち名乗りを挙げました。
その中でも、注目はデビュー勝ちのグローブシアターでしょう。母シーザリオ、兄にエピファネイアとリオンディーズのGT馬が顔を揃える一族に生を受けたキングカメハメハ産駒。
それ故に高いレベルで兄たちと比較されてしまいますが、初戦から好走を期待されていた方も多かった中、しっかり結果を出すあたりはさすがシーザリオの仔と言えるでしょう。
次走は勿論のこと、今後の成長も楽しみでなりません。

さて、今週末の大一番は11月20日(日)京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ(GT)。クラブからネオリアリズムが出走します。
前走の札幌記念(GU)は逃げの手に出ると、昨年の年度代表馬の猛追を抑えての初重賞制覇。逃げて良し、差して良しのネオリアリズムが初のGT舞台に挑みます。
また、前日19日(土)東京競馬場の東京スポーツ杯2歳ステークス(GV)にはエルデュクラージュが出走します。
以上の2頭は、ともに名手ライアン・ムーア騎手を背に挑むこととなっておりますので、その手腕にもぜひご注目ください。

11月に入り各地、気候の変化により木々の色も変化してきたことで一気に紅葉のピークを迎えようとしております。
特にGT開催の続いている京都は、まさに観光客で大賑わいになろうかと思われます。寒さの厳しい日も時折ありますが、ぜひ競馬観戦を兼ねて、お出かけしてみてはいかがでしょうか。





戻る